天使と富士 Tenshi to Fuji

サイズ:1000×740
番と白石による数少ない合作。
ふたりには、いくつかの共通点がある。好みの色彩や泊を用いる作風、天使や羽根、宇宙のモチーフなどだ。本作からも共通する感性がうかがえる。共通点が生まれるのは、美の感じ方が近いからだろう。あるいは太陽と月のように、「ふたりでひとり」の運命だったのかもしれない。合作といえど完璧に調和した本作は、ふたりの画家が描いたというよりは、ふたりが共鳴してひとつの主体となって生まれたと言える。

その他の作品